訪問美容介護士とは!訪問美容介護士のサービスを受けるには


訪問美容介護士について知りたくありませんか?

この記事では、訪問美容介護士について解説しています。

訪問美容介護士のサービスを受ける方法についても説明しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • 訪問美容介護士とは
  • 訪問美容介護士のサービスを受けるには
  • 訪問美容介護士の知っておきたいポイント

被介護者もおしゃれしたい!訪問美容について紹介します。

この記事があなたにとって参考になれば幸いです。


要介護の高齢者にとって、定期的に美容院へ通うことが負担になることがあります。しかし伸びてくる髪を切らないわけにはいかない、そんな時に活用したいのが訪問美容です。訪問美容の仕組みやサービスを知り、高齢者の生活の質を向上させるお手伝いをしましょう。

訪問美容介護士とは


訪問美容とは、店舗で理美容サービスを提供するのではなく、利用者の自宅や施設など店舗外で行う理美容サービスのことを指します。一般的に理美容サービスは所定の店舗で行わなければならず、健康な人への出張サービスは禁じられています(美容師法第7条、理容師法第6条2項)。

しかし要介護認定を受けている、障害があり支援費制度を利用している、社会福祉施設等に入所している、病院に入院しているなどといった場合は訪問美容サービスを受けることができるのです。ただし介護者の家族は、疾病のため美容院にいけないなど、やむを得ない理由がなければ一緒に訪問美容サービスを受けることができません。要介護者の家族であっても健康な人にサービスを提供すれば、美容師が法律違反となってしまうため注意しましょう。

要介護者が美容サービスを受けることは、単に伸びた髪を切るだけでなく、おしゃれを楽しむ気持ちや社会生活を送る気力を呼び起こし、本人の自立支援へもつながります。

訪問美容介護士のサービスを受けるには


訪問美容サービスを受けるには、自宅か施設へ美容師を招くことになります。施設の場合は、特別養護老人ホームなどの入居型介護施設、デイサービスなどの在宅型介護施設のいずれでもサービスを利用できます。サービスの申し込みにあたっては幾つかのルートがありますが、まずは利用者がこれまで通っていた美容院に問い合わせ、訪問美容サービスに対応していればそこに依頼してみましょう。

また、訪問美容サービスを実施しているNPO団体に問い合わせる、自治体の福祉課に問い合わせるといった方法もあります。基本的に訪問美容サービスは自費ですが、自治体によっては助成金を付与しているところもあるため、役所が助成金制度やサービス利用可能な美容院を紹介してくれることがあります。受けられるサービス内容は、普段美容院で受けているものと同じく、カットやカラーリング、パーマ、シャンプーなどです。

訪問美容介護士の知っておきたいポイント


まず理解しておきたいのは、訪問美容サービスは基本的に利用者の自費になる上、美容院に通うより割高になる可能性が高いという点です。細かい料金設定は事業者ごとに異なりますが、出張先に基本的な設備が整っていないことや、出張費がかかることなどが理由として挙げられます。その点では、自宅に美容師を呼ぶより、施設で複数の利用者がまとめてサービスを受ける方が割安になることもあります。

訪問美容サービスを受けるにあたって準備しておくものも、事業者ごとに異なりますが、一般的には身ひとつでサービスを受けられる場合がほとんどです。その際は美容師が、ヘアカット用具に加え、自宅や施設の汚れを防ぐためのビニールシートや掃除機などを持ち込むことになります。特に衛生や感染症に配慮してサービスが実施されるため、安心しましょう。

なお訪問する美容師の中には、美容師資格だけでなくホームヘルパー資格を有していることもあります。要介護者の状態に不安がある際は、ホームヘルパー資格者を選んで依頼するのも良いでしょう。なおカットする場所は、要介護者の体調に合わせ、ベッドの上や椅子など自由に選ぶことができるため、大きな負担はかかりません。

訪問美容サービスは、身だしなみのケアだけでなく要介護者にリフレッシュしてもらういい機会となります。1人1人の体調に合わせてきめ細やかなサービスが行われるため、積極的な活用が望まれます。

美容師の資格はないけれど、高齢者の住む場所で生活のお手伝いしたいという方は、訪問介護のお仕事がおすすめです。
介護系専門の転職・就職支援を行っているきらケアでは、一人ひとりのご希望に合った求人をご紹介。
たくさんのお仕事をご用意しているので、ライフススタイルを大切にしたい、スキルを活かして働きたいなど、自分らしい働き方を見つけることができますよ。
介護のお仕事を通して高齢者の方をサポートしたいという方は、ぜひ、きらケアにご相談ください。

おすすめ記事はコチラ⇒ケアビューティストになるには!介護美容研究所の口コミでの評判