ケアビューティケアアドバイザーとは!年収や業務内容、資格取得について解説


ビューティケアアドバイザーについて知りたくありませんか?

この記事では、ビューティケアアドバイザーについて解説します。

ビューティケアアドバイザーの年収や業務内容、資格取得について説明します。

この記事の内容は次の通りです。

  • ビューティケアアドバイザーとは
  • ビューティケアアドバイザーの資格取得
  • ビューティケアアドバイザーの年収とやりがい
  • ビューティケアアドバイザーの適性
  • 資格取得は転職後に!?「研修制度充実」の求人に注目

ビューティケアアドバイザーの仕事や業務内容や年収、資格取得について詳しく説明しますね。

この記事があなたにとって参考になれば幸いです。

医薬品を扱うドラッグストアでは、化粧品も取り扱われていることが少なくありません。そのため、ドラッグストアに勤務する販売員には、医薬品だけでなく化粧品やサプリメントなどの幅広い知識が必要とされています。化粧品に関するアドバイスを行う『ビューティケアアドバイザー』はどのような業務を行う仕事なのでしょうか。

具体的な業務内容や平均的な年収、資格取得について説明してまいります。

ビューティケアアドバイザーとは

『ビューティケアアドバイザー』とは、日本チェーンドラッグストア協会の認定する資格です。ビューティーケアアドバイザー以外にも、『ヘルスケアアドバイザー』、『ベビーケアアドバイザー』、『漢方アドバイザー』の各日本チェーンドラッグストア協会認定制度があります。

セルフメディテーションの現場でもあるドラッグストアにおいて、消費者が正しく商品を選び、正しい使用方法を知ることができるために、販売員が協力して信頼できる情報を消費者に提供することが求められています。これらの4つの認定資格は、いずれも消費者に必要とされる人材を育成することを目的として制定されています。

その中でもビューティケアアドバイザーは、美容品を買い求める人に対して、美容に関する悩みや要望に応えるビューティーアドバイザーとしての役割と、より美しく快適な生活が送れるようにアドバイスするケアアドバイザーとしての役割を果たします。

ビューティケアアドバイザーの資格取得

ビューティケアアドバイザー養成講座は、美容や応対に関する具体的な技術と基礎知識を学ぶための8カ月間の講座です。

通信教育で約550ページに及ぶテキスト学習や6回にわたる添削課題を行い、2日間の集合教育を受け認定試験を実施します。集合教育(スクーリング)を受ける2か月前までには、JACDS指定美容講座を受講していなくてはなりません。

試験に合格すると認定登録を行います。資格認定期間は3年ですので、期限内に更新手続きを行わなくてはなりません。

ビューティケアアドバイザー養成講座受講資格

ビューティケアアドバイザー養成講座は日本チェーンドラッグストア協会会員だけでなく、非会員でも受講することができます。美容品販売に関わる人だけでなく、化粧品会社の社員、美容の専門知識や商品知識・情報を身につけたい方など、どなたでも目指すことができる資格なのです。

また、化粧品メーカーに勤める薬剤師が受講することも少なくありません。薬品の知識と化粧品の知識には重なる部分も多くありますので、ビューティケアアドバイザーとしての知識が職場で発揮できる機会も多いのです。

ビューティケアアドバイザー試験の合格率

ビューティケアアドバイザーの合格率について、日本チェーンドラッグストア協会からは公表されていません。ただ、6回の添削課題を通して認定試験の要点などを効率よく学ぶことができますので、特別に難易度の高い資格ではないと推測することができるでしょう。

ビューティケアアドバイザーの年収とやりがい

ドラッグストアでビューティケアアドバイザーとしてだけの勤務を行うことは、まずありません。販売員もしくは薬剤師としてビューティケアアドバイザーの資格も有しているなら、化粧品に関する悩みや希望、商品選びのお手伝いなどを積極的に行えますので、消費者にも喜ばれることが多くやりがいを感じられると言えるでしょう。

特別な業務とはみなされませんので、年収は平均的なドラッグストア勤務の薬剤師の年収(500万円~600万円)が相場になることが多いです。

企業に勤務するビューティケアアドバイザーの資格を持つ薬剤師の平均年収は、企業によっても勤務形態によっても大きな差が生じます。積極的に商品開発に関わる立場として働くなら、年収が600万円以上になることも少なくありません。自身の知識が商品化されることは大きな達成感を伴うでしょう。

ビューティケアアドバイザーの適性

ドラッグストアに勤務する場合でも化粧品メーカーに勤務する場合でも、ビューティケアアドバイザーとしての資格を活かした仕事を行うためには、化粧品が好きであることと美容に関して興味があることが最低限必要と言えます。好きだという気持ちがあると顧客にも親身になることができますし、よりよい商品を開発したいという目標にもつながります。

また、ドラッグストアで勤務する場合は、積極的に人と関わることに苦痛を覚えないことも、適性として挙げられます。美容に悩み、ドラッグストアまで来たものの、自分から販売員に相談できない消費者も少なくありません。真意を汲み取る力や自然に明るく声をかけるスキルも、ビューティケアアドバイザーには必要とされているでしょう。

資格取得は転職後に!?「研修制度充実」の求人に注目

ビューティケアアドバイザーの資格を取得したい方にオススメな方法が、「研修制度充実」の求人を見つけることです。

こういった職場で働くことで、受講や研修に必要な経費を会社が全額負担してくれたり、福利厚生の一環として研修を受けられたりします。

では、どうやって資格取得のある職場を探すことができるのでしょうか?オススメは転職サイトに登録し、転職エージェントに直接相談することです。なぜなら、資格取得支援のある職場やアロマセラピストを募集している一般公開求人は数が限られています。なので、転職エージェントに直接相談し非公開求人の情報をゲットした方があなたの転職を有利に進めることができるのです。

ビューティーケアアドバイザーの資格を取るなら、薬キャリで求人情報を探すのが近道

薬キャリのフリーワード検索にて求人を検索をしてみると、「ビューティーケアアドバイザー・研修制度充実」の求人情報が限られた数ですが存在します。

薬キャリ|ビューティーケアアドバイザー 研修充実 求人

※本求人は2019年3月時点のものです

薬キャリは他の転職サイトと比べ、圧倒的な求人数・情報量を誇っています。また、Web上には公開していない数多くの非公開求人を保有しているため、転職エージェントに直接相談すればあなたの身の回りにある隠れた「ビューティーケアアドバイザー・研修充実」求人を見つけられるでしょう。

おすすめ記事はコチラ⇒ケアビューティストになるには!介護美容研究所の口コミでの評判