心身の不調を改善し「癒し」を提供するビューティーセラピストになるには

 

心身の不調を改善し「癒し」を提供するビューティーセラピストになる方法を知りたくありませんか

この記事では、心身の不調を改善し「癒し」を提供するビューティーセラピストになる方法について解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • 心身の不調を改善し、「癒し」を提供する
  • ビューティーセラピストになるには
  • ビューティーセラピストの活躍の場
  • この記事があなたにとって参考になれば幸いです。

心身の不調を改善し、「癒し」を提供する

ビューティーセラピストは、セラピストのなかでも、お客さまの心や身体の内面から健康づくりをしていく仕事です。

セラピストの施術の種類はさまざまあり、なかには「美容」や「美肌」を目的としたものもありますが、ビューティーセラピストの場合、とくに「癒し」に重点を置き、お客さまの心や身体の不調を改善していきます。

そのため、フェイシャルやボディケアだけではなく、アロマテラピー、カラーセラピー、タラソテラピー、ハーブセラピーといった多様な種類のセラピーを駆使して、一人ひとりのお客さまの状態に合った癒しを提供します。

ビューティーセラピストになるには

ビューティーセラピストは、セラピストの種類のひとつであり、なるためにはセラピストとしての基礎的な知識や技術を身につける必要があります。

セラピストの養成学校・スクールに通ってスキルを身につけてからリラクゼーションサロン、ビューティーサロンなどに就職する人が多いですが、未経験からサロンに入り、現場で修行を積んでいく人もいます。

なお、サロンなどによっては「ビューティーセラピスト」という職種で募集されていないこともあるため、仕事内容をよく確認しておくとよいでしょう。

資格が絶対に必要というわけではありませんが、アロマテラピー検定やスパアドバイザー、AEA上級認定エステティシャンなどの関連資格を持っておくと、対外的にも自分のスキルを示しやすいでしょう。

ビューティーセラピストの活躍の場

ビューティーセラピストは、リラクゼーションサロン、ビューティーサロン、エステサロン、ホテルのスパなどで勤務する人が多いようです。

このほか、化粧品メーカーやメディカルサロンなどで活躍することもできます。

また、独立開業をして自分のサロンを出店し、ビューティーセラピーのスキルを自分なりの形でサービスとして提供する人もいます。

おすすめ記事はコチラ⇒ケアビューティストになるには!介護美容研究所の口コミでの評判