ウォッシャー液の凍結にご注意を!いきなりウォッシャーを使うのは危険


ウォッシャー液の凍結にご注意って知りたくはありませんか?

この記事では、ウォッシャー液の凍結にご注意について解説しています。

いきなりウォッシャーを使うのは危険なことを解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • ウォッシャー液の凍結にご注意を!
  • いきなりウォッシャーを使うのは危険

雪道を走行するときには、ウィンドウ・ウォッシャーは不可欠な装備ですが、寒冷地で確実にウォッシャーを使うためには、凍結しにくいウォッシャー液を使用する必要があるのです。

ウォッシャー液の凍結にご注意を!

雪道を走るときに不可欠な装備がウィンドウ・ウォッシャーです。雪道では前走車の跳ね上げた泥などで、フロントウィンドウはすぐに汚れてしまいます。このときただワイパーで拭いただけでは、汚れが落ちないどころか、筋状に残ってさらに前が見にくくなってしまうこともあります。

そんなときはウィンドウ・ウォッシャーが頼りになるわけですが、外気温が低い状態ではウォッシャー液が凍結してしまうこともあるのです。軽度な場合は、ウォッシャーの出口付近やそこへ繋がるホース内で凍結して、ウォッシャー液の通路を塞いでしまいますし、相当気温が低い状態ではリザーブタンク内のウォッシャー液が凍結してしまうことも考えられます。

通常、ウォッシャー液は不凍作用を持った成分となっていますが、何度まで凍らないかは商品によって異なるのです。本格的に寒冷地対応としている製品であれば-50度くらいまで対応しますが、モノによっては-5度くらいまでしか対応していないものもあります。つまり自分のクルマに入っているウォッシャー液が何度まで対応するのか、ということを確かめることがまず第一です。

ただし、ウォッシャー液の対応温度とは、あくまでも原液で用いた時の性能です。そのため、ウォッシャー液を水道水で希釈して使っている場合には、その割合に応じて対応温度も上がってしまいますから注意が必要です。本州であれば相当標高の高いスキー場などでも、-30度まで対応していれば問題ないかと思いますので、寒冷地用のウォッシャー液を使っている場合には、そのあたりを目安に希釈割合を決めるといいでしょう。もちろん、万全を期すなら寒冷地用を原液のまま使うのがベストです。

いきなりウォッシャーを使うのは危険

ウォッシャー液を寒冷地用に交換していなかった場合は、使用を控えた方がいいかも?

それでは、寒冷地用のウォッシャー液に入れ替えていなかったり、濃度の調節をしていなかった場合にはどうすればいいのでしょうか。まず寒冷地に着いて、走行中にフロントウィンドウが汚れたからと、いきなりウィンドウ・ウォッシャーを全開で使うのは避けた方がいいでしょう。

走行中であればエンジンルームの熱によって、ウォッシャー液の凍結は避けられるかもしれませんが、フロントウィンドウの表面は外気温に近いくらいの温度となっていると考えられます。そこに対応温度の高いウォッシャー液を吹き掛けると、一気に凍結し、ウィンドウの表面がすりガラス状になって視界を奪われる危険があるのです。

そのため、寒冷地に対応していないウォッシャー液を使う場合は、停車時にウォッシャーの操作レバーを加減しながら操作し、ウォッシャー液の噴射量を抑えて凍結しないか確認してみて下さい。ただし、標高の高いスキー場などへ向かうときは、山の麓では使えても登るにつれて気温が下がり、使えなくなることも考えられるので注意が必要です。

同様に一晩クルマを停めておいた状態で、いきなりウォッシャーを使うというのも避けたいものです。冷え切ったフロントウィンドウにウォッシャー液を吹き掛けてしまうと、あっと言う間にウィンドウが凍結してしまうこともあるのです。まぁ、それ以前にウォッシャー液が凍結して、使えないかもしれませんが……。

とりあえずはエンジンの暖気も兼ねてヒーターが温まるのを待ち、デフロスターでヒーターの温風を当てて、フロントウィンドウを温めてやるといいでしょう。エンジンが温まれば、ウォッシャー液の温度も上がるはずですから、簡単に凍結することもないはずです。

いずれにしても、雪道でウィンドウ・ウォッシャーが満足に使えない状態では、視界を確保することができずとても危険です。寒冷地に向かう予定のある方は、忘れずにこうした部分にも配慮してみて下さい。