雪道の運転で役立つ装備について!雪で埋まった時の道具とは


雪道の運転で役立つ装備について知りたくありませんか?

この記事では、雪道の運転で役立つ装備について解説しています。

雪で埋まった時の必要な道具について説明しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • スコップ
  • 手袋
  • 牽引ロープ
  • ブースターケーブル

「雪道でいざという時に役立つ装備」今回は、雪で埋まってしまったときなど、身動きが取れなくなってしまった時にあれば助かる脱出用(?)装備を取り上げます。

雪道を走行するときは、事前に天候や路面状況をチェックし、万全の準備をして向かいたいものです

これまで2回にわたってお届けしてきた「雪道でいざという時に役立つ装備」ですが、最終回となる今回は雪にはまって動けないなど、まさにエマージェンシーな事態に遭遇した時に役立つ装備を取り上げます。2月中旬とはいえ、地域によってはまだまだ雪が降る日が続くと思いますので、雪道にお出かけの際はぜひ参考にしてみてください。

スコップ

まずは何のひねりもありませんが、まさにスコップです。用途はもちろん、雪かきのためです。泊まりでスキーなどに出掛けたとき、いざ帰ろうという時に、自分のクルマが見事に雪に埋もれていた、などという経験をしたことがあれば、スコップの重要性を理解していただけると思います。降雪量の多い時には、朝停めたクルマが夕方には雪にすっぽりということもありますから、本当に油断できません。

こんなときスコップがないと、もちろん自分の手で雪かきをする羽目になるわけです。スキーなどに行った時ならば、グローブを持っているはずですからまだ何とかなりますが、手袋さえ持っていなかったとしたら……、まさに目も当てられません。

そんなわけで、スコップを持っていれば、雪かき作業も短時間で済みますし、手がかじかんで辛い思いをすることもなくなります。スコップは大きいほど作業性がアップしますが、限られたトランクスペースに積み込むことを考えると、折りたたみ式などでなるべくコンパクトに収納できるものを選ぶといいでしょう。ただし小さすぎると、作業がはかどらず、あまり役に立たないのでそのあたりの兼ね合いを考えて選んでください。

手袋

先ほどのスコップを使う時にも、チェーンを装着する際にも、あれば助かるのが手袋です。もちろん、ただの軍手でも構いませんが、雪道で作業をする場合は、そのままではすぐに濡れて冷たくなってしまいます。そこで軍手と合わせて、台所仕事などで使うゴム手袋も用意して、軍手の上から被せて使うと、より快適に作業ができるはずです。いずれもかさばるものではないだけに、ついトランクの奥底にしまいがちですが、いざという時にすぐに取り出せるよう、なるべく目につきやすい場所にしまっておくというのもポイントです。

牽引ロープ

雪道でうっかり路肩に寄りすぎてスタックしてしまった、というのはよくあるハナシですが、そんなとき周りに他のクルマがいるようであれば、牽引ロープで引っ張ってもらうことで脱出できる場合があります。牽引ロープには材質などの違いによっていくつかの種類がありますが、あくまでも普通車で非常用に携帯するレベルであれば、伸縮性のあるソフトタイプがおススメです。

伸縮性があるため、牽引時の衝撃を緩和できる上に、比較的コンパクトに収納できるのが、ソフトタイプのメリットです。対応する重量は、普通車であれば2~3トン用の製品であれば問題ないでしょう。

ところで、いざ牽引ロープを使おうとした時に、どこにフックを掛けたらいいのか分からない、という事態も考えられます。少し前のクルマであれば、バンパーの下あたりを覗き込んでみればそれらしい部分が見当たりましたが、実は最近のクルマでは牽引ポイント自体が取り外し式になっていることも多いのです。

こうしたタイプでは、車載工具の中に牽引ポイント(鉄製のボルトに輪っかが付いたような形をしている)が入っているはずです。バンパーをよく見てみると、丸もしくは四角い切り欠きに蓋がはめられている箇所が見つかると思いますが、その蓋を開けると牽引ポイントのボルトをねじ込む穴が開いているのです。

自分のクルマの牽引ポイントを一度も確認したことがないという人は、まず一度、クルマの取扱説明書に目を通してみることをおススメします。間違った部分に掛けては、スタックから抜け出すことができないばかりか、クルマを破損してしまうこともありますので要注意です。


ブースターケーブル

雪道に限らず、ブースターケーブルはトランクの中に常備しておきたい装備です

少し前にバッテリートラブルの記事を載せたばかりですが、やはり寒冷地でのトラブルとして圧倒的に多いのがバッテリー上がりですから、雪道装備としてはブースターケーブルも欠かせないものでしょう。ケーブルの繋ぎ方などについては、以前の記事を参照していただくとして、ここでも注意してほしいのが、予め自分のクルマのバッテリーがどこに搭載されているのかを確認しておくということです。ブースターケーブルもあり、救援車も見つかったのに、肝心なバッテリーの位置が分からなくては、ちょっと笑えませんからね。