CATEGORY

ウォーキング

なぜ痩せない?ダイエットをするには、ランニングよりウォーキングが効果ある?

ウォーキングダイエットをしているけど効果が出ない!なんてお悩みの方は少なくないと思います。 ウォーキングだけでダイエット効果を実感するには、少し時間がかかります。 いつ、どれくらいのウォーキングをすればよいのか、コツを抑えて効率的にダイエットを進めましょう。 今回は、ダイエットに効果的なウォーキングのやり方や注意点などをご紹介していきたいと思います。 なぜ痩せない?ダイエットをするには、ランニング […]

ウォーキングしているのに体重が減らない理由とその対策について!

毎日ウォーキングを心がけているのに、体重が減らない…。そんな悩みを持っていませんか? 実はそれにはちゃんとした理由があります。もしかしたら、極端に食事を減らしていませんか? そして、体重だけに気をとられていませんか? 運動しても体重が減らないと悩んでいる方に、そのからくりと対策をお伝えします。 焦りは禁物!しっかり見極めて Licensed by Getty Images有酸素運動の成果が体重に出 […]

歩くことと、気分を安定させる「セロトニン」との関係について!

歩くことと、気分を安定させる「セロトニン」との関係は 歩くことは子どもから高齢者まで、老若男女問わず、すべての方におすすめのリズム運動と言えます。 セロトニンという脳内物質は、気分の上下に大きくかかわっており、気分を安定化させるホルモンであると言われています。また、ストレスに立ち向かってい行く為にも必要なホルモンで、セロトニンが不足することで、うつ病やパニック障害、不安障害などとの関連性も指摘をさ […]

体に良いウォーキング!肩こり改善のためには肩甲骨を動かすことが大事

健康維持のためにウォーキングは効果的だといわれます。適度な運動ができるだけでなく、心身の良いリフレッシュにもなるでしょう。しかも、ウォーキングには肩こりを改善させる効果も期待できるというのです。 肩こり改善のためには肩甲骨を動かすことが大事 歩くことは筋肉を動かすのに非常に有効です。ウォーキングをするだけで体じゅうの筋肉の8割を動かすことができるともいわれ、全身運動としても注目されています。このよ […]

ウォーキングでうつ病を予防について!認知症や脳の老化もウオーキングで防止

 ウォーキングなどの運動を毎日続けると、うつ病の予防につながることが、約8,000人を対象とした大規模な調査で明らかになった。 運動を習慣として続けることで、脳の老化を防ぎ認知症の予防にもつながるという研究も公表されている。 1日35分のウォーキングがうつ病の予防に効果的 ウォーキングなどの運動を習慣として行うことで、うつ病の予防効果を得られる可能性があることが、米国のハーバード公衆衛生大学院の研 […]

歩くことは健康に本当に良いのか?

1.はじめに 「歩くことが健康に良い」と言われますが、その理由について取り上げることにしました。今回は特に、「1日の歩数」と健康指標となる健康診断項目との関係に焦点を当てて、歩くことが健康に良い科学的根拠について紹介したいと思います。 2.「歩くことが健康に良い」理由 2.「歩くことが健康に良い」理由 厚生労働省が行った国民栄養調査によると、「1日の歩数」と健康診断データなどとの間に、次の①から③ […]

歩くことで得られる効果について!歩きながら哲学を探究した者たち

◇歩きながら哲学を探究した者たち フランス革命の父とされる哲学者ジャン=ジャック・ルソーは「告白」でこう書いている。 「私が集中できるのは歩いている時だけだ。立ち止まると考えは止まる。私の精神は足をともなう時だけに働くようだ。」 歩きながら哲学を唱えた者を逍遥学派という表現をした過去があり、ルソー以外にも沢山の哲学者が歩くことでその思考を深めていった。その「歩くこと」で得られる効果は今日に至っては […]

ウォーキングの効果と方法について!正しいウォーキング方法とは

ウォーキングとは 日常生活の歩きや散歩とは異なり、”健康のため”という目的をもって行う歩きをウォーキングといいます。ウォーキングは必要な道具や環境を必要とせず、「いつでも」「どこでも」「誰でも」行うことができる最も手軽な運動です。 ウォーキングの目的 ウォーキングの健康効果は多岐に渡ります。そのため人によってウォーキングを行う目的は様々です。多くは”健康のため& […]

ウォーキングが高血圧のリスクを下げるためには運動強度を高めると効果的

 ウォーキングなどの運動習慣のある人は、運動習慣のない人に比べて、高血圧を発症するリスクが低くなることが、平均年齢53歳の約5万7,000人の米国人を対象とした調査で明らかになった。 毎日のウォーキングが血圧を下げる 上の血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、または、下の血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上であると、高血圧と判定される(家庭血圧では基準はこの数値よりも5mmHg低くなる)。 「ウ […]

血圧ケアにはなぜ運動が必要なのか?効果的な運動と運動量とは

血圧を下げるためには、毎日の有酸素運動を30分以上行うと効果が期待できる。 一日の合計運動時間が30分以上になればよいため、ウォーキング、軽めのジョギング、水泳、自転車などできそうなものから始めよう。 1.血圧ケアにはなぜ運動が必要なのか? 高血圧の治療は、薬を使った方法や食事療法以外に、運動療法がある。 運動療法は、高血圧症の改善のために勧められており、定期的に行うことで、降圧効果が期待できる。 […]