口の渇きやネバつきが気になるドライマウスの改善方法とは!


口の渇きやネバつきが気になるドライマウスの改善方法について知りたくはありませんか?

この記事では、口の渇きやネバつきが気になるドライマウスの改善方法について解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • ドライマウスの症状を改善するためにできることとは?
  • ドライマウスを治すためにできることとは?
  • 医師の診察を受ける

口の渇きが慢性化し、既に病院に掛かっている人は、薬や疾患を含め、原因がはっきりと分かっているはず。女性の場合は、ドライマウスドライアイを引き起こすシェーグレン症候群と呼ばれる疾患の可能性が考えられ、特に閉経後の女性にみられやすいという。今回はドライマウスの対処法についてご紹介。

糖尿病を患う女性は、ドライマウスになるリスクが高いと話すのは、サンフランシスコにあるパシフィック大学歯学部で歯科充填(じゅうてん)学のインストラクター兼総合歯科学会の広報担当者を務めるハイジ・K・ハウサウアー歯科医師。頭頸部(けいぶ)がんの放射線治療を受けている女性や、入れ歯を装着している女性もまた、唾液腺に損傷を与える恐れがあるため、ドライマウスになりやすいそう。 米国歯科医師会の元会長であり、米国女性歯科医師協会に所属するアラスカ州アンカレッジ在住のジェラルディン・モロー歯科医師によれば、医学的な理由はなく、単に老化と共に口の中が渇きやすくなる女性もいるという。

ドライマウスの症状を改善するためにできることとは?

規則的にフッ素入りの歯磨き粉で歯を磨き、フロスをする

 

モロー医師いわく、ドライマウスの女性は、フッ素入りの歯磨き粉を使って集中的に歯を磨き、フロスを行う必要がある。「口腔内の環境が健康であればあるほど、細菌の増殖を抑えることができます」

炭酸飲料ではなく、水を飲む

ハウサウアー医師はドライマウスの女性患者に、口腔内の潤いと清潔さを維持するために、ウォーターボトルを持ち歩いて、1日中水をこまめに飲むように勧めている。歯石が形成する酸を中和するのに必要な唾液が不足しているので、水分補給には、糖分を含む炭酸飲料やフルーツジュースよりも、水が最良の選択肢となる。

ドライマウスを治すためにできることとは?

薬用マウススプレーを携帯する

ハウサウアー医師とモリー医師は、薬局で購入できる薬用マウススプレーの使用を勧めている。

よく噛む

口が渇くようであれば、シュガーレスのガムを噛むことで、自然な唾液の分泌を促し、口の中を潤すのに役立つと話すのは、ニューアークのニュージャージー医科歯科大学で予防歯科プログラムのコーディネーターを務める歯科衛生士兼臨床学准教授のダイアン・ショーン医師。1時間おきに10分ガムを噛み続けると、唾液量が著しく改善することが研究で証明されている。

使用中のマウスウォッシュを別のものに変えてみる

モロー医師が言うように、マウスウォッシュや入れ歯洗浄剤の中には、口の渇きを引き起こすものも。違うメーカーのものに変えてみて、口の乾燥が治るかどうかを確認してみるといい。

医師の診察を受ける

唾液には、虫歯や歯周病になるのを防ぐ働きがある。数日以上にわたって不快感を覚えるほど口の中が乾燥している場合や、頻繁に乾燥がみられる場合は、かかりつけの医師か歯科医師の診察を受けるべきだとモロー医師は勧めている。今服用中の薬が原因かもしれない