水を飲むと血圧を下げる! 朝晩ペットボトル1本ずつで効果あり


水を飲むと血圧を下げるって知りたくありませんか?

この記事では、水を飲むと血圧を下げることについて解説しています。

朝晩ペットボトル1本ずつで効果あることを紹介しています。

 水は健康にいい――。よく言われるが本当だろうか? サントリーグローバルイノベーションセンターが、アジアで初めて健常人を対象にした「水分摂取による健康増進効果の検討」に関する研究を実施。習慣的な水分摂取に「血圧低下」「体温上昇」「腎機能低下抑制」「血中老廃物希釈」の4つの健康増進効果が認められた。  50歳以上75歳未満の日本人男女60人をランダムに「介入群」と「対照群」に分け、介入群には普段の水分摂取にプラスして、起床から2時間以内にペットボトル1本(550ミリリットル)、

就寝前2時間以内に1本の1日合計2本(1100ミリリットル)の水を12週間にわたり継続摂取してもらった。その結果、水を継続摂取した人たちに4つの健康増進効果が認められたのだ。

中でも、「血圧低下」が注目される。起床後と就寝前2時間以内に水分を摂取したグループは、「上の血圧」といわれる収縮期血圧が、4週目に約4・0(㎜Hg)低下し、8週目に約6・0、12週目には約7・0と、研究開始から終了まで経時的に低下した。  なぜ、水分の継続摂取が血圧を下げるのか。研究を実施したサントリーグローバルイノベーションセンター研究部の中村友美氏は言う。

「メカニズムについて検証する試験が行われていないため、あくまでも推測になりますが、①腎機能が改善されたことによって余分な水分と塩分が尿として排泄された②血圧上昇に関わるホルモンの分泌が変化した③血中成分の濃度が低下して血液がいわゆるサラサラになり末梢血管の抵抗が下がった。この3つの要因が考えられます」

 

■血液がサラサラに  腎臓と血圧は大きく関係している。血液中の老廃物や余分な塩分は腎臓の働きによって尿として排泄される。腎機能が低下して体内の塩分(ナトリウム)が過剰になると、血液の浸透圧を一定に保つために血液中の水分が増えて血液量が増える。その結果、末梢血管にかかる抵抗が高くなり、血圧が上がってしまう。

 腎臓は血圧を一定に保って体内循環を維持する働きにも関わっている。血圧が下がると「レニン」という酵素を分泌し、血圧を上げる作用がある「アンジオテンシンⅡ」というホルモンの産生を促す。さらに、アンジオテンシンⅡは副腎に作用して、血圧上昇ホルモンであるアルドステロンの分泌を促進する。

 

 継続的な水分摂取によって血液中の老廃物が希釈されるなどして腎臓の負担が低下し、塩分の排泄がスムーズになったり、血圧上昇ホルモンの分泌がコントロールされて血圧が下がった可能性があるということだ。 「また、水分を継続摂取したグループは、血液中老廃物の指標のひとつである『尿素窒素』の数値が低下したり、血液粘度の指標である『ヘマトクリット』の数値が低下していました。

その分、血液がスムーズに循環できるようになり、末梢血管の抵抗が下がって血圧が低下したことも考えられます」

 

 一般的には、体内の水分量が増えて血液量が増えると、血液を循環させるために大きな力が必要になり、血圧は上昇する。しかし、それはあくまでも一過性で、継続的な水分摂取は長い目で見ると血圧を低下させる効果があるといえる。 「ただ、腎機能が低下している人は、水分摂取が増えると腎臓に負荷がかかるので注意が必要です。欧米では水分摂取量の過剰について目安が設けられていて、『腎臓の排泄処理能力が1時間あたり0・7リットルから1リットル』といわれています。

それ以上になると急性水中毒といわれる状態につながるリスクがあります」

今回の研究では、朝晩につき2時間あたり550ミリリットルの水分摂取で効果が確認された。試してみる価値はある。