基礎化粧品は高ければいいというわけではない!プロに聞く美肌の作り方


基礎化粧品は高ければいいというわけではない!プロに聞く美肌の作り方って知りたくありませんか?

この記事では、プロに聞く美肌の作り方について解説しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • 高ければいいというわけではない
  • 分量はかなり多めがGOOD

 美容をなんとかしたい皆様、こんにちは。寒いとお肌がこわばって、固くなりませんでしたか?  私は最近、冬の間の寒さに肌が負けたのか、頬がこわばり、お肌がとても固くなってしまいました。

イメージとしては、北国の子供のような赤いほっぺになり、皮膚は固く、しわは刻まれ、シミもたくさん浮き出た状態です。

化粧水をつけるとヒリヒリして、まったく入らないけれど、劣化させたくはありません。そこで弱ったお肌のときにオススメのお手入れ法を聞いてきました。

高ければいいというわけではない

 

 20年間化粧品の販売を続けているだけでなく、勉強のためにエステティシャンにまでなったという頼もしい女性です。

ちなみにこの美しさで40代。お肌に説得力がありますよね。

新家さん、お肌が荒れてしまった時は、どうお手入れすればいいのでしょうか。

「そうですね。やみくもに高い商品を求めようとするのではなく、その時の自分のお肌の状態にあったもので、お肌が必要とする商品をしっかり選ぶのが大事です。

悩みがある時って、どうしても高い化粧品を買ってピンポイントで使いたくなりますが、それよりも、まずはお肌全体の力を取り戻すのが先決です」

なるほど。確かに今は肌がこわばって、吸収してないと体感しています。

「お肌は全体がつながっていますから全体の力をアップさせないと、ムラのある状態になってしまいます。

また、高い化粧品が必ずしも効果を出すわけではないんです。

にらさわさんのように敏感肌で今お肌が弱っている状態の人には、まずお肌の基盤を作っていただき、化粧品の成分をしっかり吸収できる状態にしてもらうのが先決だと思います」

分量はかなり多めがGOOD


「また、お手入れ時に使う化粧品の分量も大事です。

気になる部分があるからと言って、スポット的に少量を使うのではなく、角質層全体にゆきわたらせる量を十分に使うよう、意識してみてください。せっかくよい化粧品を使っても角質層全体にいきわたらないと、やはりムラの原因になりますから」

「また、そのためにもきちんとコットンを使うのは大事です。

手で塗るよりも、ムラが減り、隅々まで行き渡らせることができますから。

なお、コットンは大判の肌あたりの良いものを使うといいでしょう」  使用見本を見せてもらいましたが、実際に使う量は私たちが思っている以上に「多め」にするのがいいようです。

洗顔ならば、泡だけで手が顔に触れない「厚さ」を作るレベルです。

では、シミやしわの濃い部分はどうすれば? 「特に気になる部分があるなら、その場所だけに化粧品を使うのではなくて、全体にしっかり化粧品を行き渡らせたのちに、さらに重ねるようにするといいですよ。

また、ケアを行う期間ですが、最低でも一ターンオーバーに必要な日数は続けるようにしてください。

ターンオーバーの期間は一般には28日と言われてますが、30代や40代の方ならもう少し長めを見込んでいいでしょう。

いずれにしても、せっかくケアを行うのに『たまに』とか、『何日かおきか』にするのでは意味がありません、効果を感じるまでは毎日続ける意識でおこなってみましょう」 以上についてまとめると、

  1. 高い化粧品ではなく、自分の「その時の」「お肌に合った」ものを選ぶ
  1. 気になる部分だけ使うのでなく「肌全体」を整えるよう「十分な量」を使う
  1. 化粧水はコットン使用で、肌のすみずみまでなじませムラを減らす
  1. ターンオーバーの期間(1ヶ月以上)は続ける …ということになるでしょうか。

 肌荒れの時は、「荒れ」を意識した商品を使いたくなりますが、まずは全体を整えて、そののちに「ケアしたい部分」にフィーチャーするほうが「吸収がよくなる」という指摘は、吸収力の衰えた私にはとても納得できました。

いずれにしても回復するまでは毎日続けることが大事なのですね。