JR東海、コロナ配慮ウオーキング 交通系IC活用

JR東海は12月、新型コロナウイルスの感染予防に配慮したウオーキングのイベントを静岡県内で開く。定員に1日あたり800人の上限を設けるほか、交通系ICカードで予約して当日の受け付けを迅速に済ませられるようにする。

「TOICA de ウオーキング」として、島田、菊川、袋井市で3種類のコースを設け、それぞれ4日ずつ分散して開く。島田市はばらの丘公園と大津谷川の畔を巡るほか、袋井市の法多山の散策もできる。

事前の予約には「TOICA(トイカ)」などを使う。専用サイトにアクセスしてコースを選択し、ICカードの裏に記載された英数字を入力して登録する。当日の受付は会場の端末にタッチするだけで済み、混雑を防げるという。

参加者にはマスク着用や検温を促すなど、感染防止対策を徹底する