補充すると予防できるのか?ビタミンDとうつ病の関係【医者も知らない医学の新常識】

【現代社会はストレスが強く、うつ病などの感情障害が多いと指摘されています。仕事のストレスがきっかけでうつ病を発症する人は多いですし、今は「コロナうつ」も問題となっています。それでは、うつ病を予防する方法はないのでしょうか? 「ストレスをためなければいい」というのは正論ですが、現代社会では実際には困難です。  うつ病は年齢を問わず発症しますが、中高年で発症するうつ病は、脳の動脈硬化などの体の変化が影響することが多いと指摘されています。また、年齢により低下する栄養素などが影響するという報告もあります。  その点で最近注目されているのがビタミンDです。ビタミンDは骨の健康のために不可欠なビタミンですが、それ以外にも多くの生理作用を持ち、血液中のビタミンDの濃度が低いと、その後うつ病を発症しやすいという報告が複数あるのです。それでは、ビタミンDを補充すると、その後のうつ病が予防できるのでしょうか?  今年の米国医師会雑誌に、それについての臨床試験の結果が報告されています。50歳以上の1万8000人余りの一般住民を対象としてビタミンDのサプリメントの使用と、その後のうつ病のリスクを比較したのですが、結果は明確な効果が証明されませんでした。  ビタミンDとうつ病との間には、何らかの関係はありそうなのですが、単純にサプリメントでうつ病が予防できる、ということはなさそうです。