40代は生理周期が不規則化するケースが多い 様子を見ても問題ないケースについて

40代で生理がこない場合、妊娠や生理不順によるものか、それとも更年期が関係しているのかと、さまざまな原因や理由を思い浮かべることでしょう。40代に起こる生理の変化と、婦人科の受診が望ましいケース、様子を見ても問題ないケースについてお伝えします。

40代は生理周期が不規則化するケースが多い

40代は生理が来なくなるなど、生理周期が不規則化20代、30代では安定していた生理周期が、40代で不規則化するケースが多い

一般的に、月経周期は10代の頃はやや不安定で、20代~30代は比較的安定しており、40代に入ると再度不規則になってきます。月経管理サイトに登録されたデータを解析した結果では、40代前半は月経周期が短くなっているケースが多く、40代後半から閉経に向かって月経周期が長くなっていきます。

40代は徐々に生理周期が短くなり、やがて生理がこなくなる

40歳を過ぎると、閉経が近づいてくる、つまり卵巣機能が低下してくるため、「卵胞ホルモンと黄体ホルモンのアンバランス」な状態が発生します。正確には、黄体ホルモンの機能が下がって、無排卵になったり、排卵しても高温期が短い状態になっていきます。そのため、全体の月経周期は25日前後と短めに移行していきます。

さらに卵巣機能が低下すると、排卵しない又は排卵までに時間がかかるため、月経周期自体は長くなっていきます。閉経までの周期は個人差が大きくなりますが、月経が2~3カ月来なくなり、半年来なくなり、気づくと1年来ていない=閉経、という状態になっていくことが多いため、40代後半では「月経が遅れる」ということがしばしば起きてきます。

月経が遅れる原因としては、

  • 妊娠している
  • 卵巣機能が低下している
  • 閉経

などが考えられるため、性行為の機会が「全くない」という場合を除いて、月経が遅れたらまずは妊娠の有無の確認が必要です。

40代で生理がこない理由とその対処法

40代で生理が来ない理由とその対処法40代で生理が来ないとき、更年期症状もあるなら婦人科を受診するのも手

妊娠ではなく(妊娠反応が陰性)、月経が2~3カ月全く来ない場合、年齢によってその状態のまま様子を見ていてよいかどうかが異なります。

閉経の平均年齢が約51歳なので、48歳以上で数カ月月経が来なくても、それ以外の体調不良がなければそのままで問題はありません。のぼせやほてりなどの「更年期症状」があれば、婦人科で相談してみるのもよいでしょう。

47歳未満で数カ月無月経の場合、閉経の可能性もありますが、そのほかの原因で月経不順になっている可能性も考えられます。念のためホルモン検査を行って、治療の必要性を相談した方がよいでしょう。特に45歳以下で閉経状態になっている場合、骨密度が早く低下してしまうリスクになるため、たとえ体調不良がなくてもホルモン補充をした方がよい場合があります。

不正出血やおりものの異常は早めに婦人科へ

放置してはいけないのが、しっかりした月経は来ないけれど少量の不正出血が何度があったり、ピンク色や茶色いおりものが続いたりしているケースです。ホルモンバランスが乱れるこの年代では、子宮体癌のリスクが上がってきます。ごく少量でも中途半端な出血がある場合は、早めに婦人科を受診しましょう。