化粧水は無意味なの?じゃあ意味のあるスキンケアどうすればいいの

化粧水は無意味なの?じゃあ意味のあるスキンケアどうすればいいのか知りたくありませんか?

この記事では、意味のあるスキンケアどうすればいいのを解説します。

この記事の内容は次の通りです。

・化粧水は無意味?

・じゃあどうすればいいの?

・何を塗れば?

世間には安いものから高いもの、様々な成分が入った化粧水が出回っていますが、これらにはほとんど効能がないということが、皮膚科医の研究からわかっています。

今回はその解説と、どのようにスキンケアするのが良いのかを紹介します。

化粧水は無意味?

冒頭でも述べたように、全てのとは言いませんが、出回っている商品は(たとえ高級品でも)一般的に言われているような、人間のお肌に潤いをもたらすといったような効能は特にありません。

化粧水はその名の通り、主な成分は水でできています。

これがお肌に浸潤 するのであれば、顔を洗っている瞬間でさえ水がお肌に浸潤 しているはずです。

であれば、その潤ったお肌に乳液で蓋をすることで十分だと思いませんか?

しかし、そもそも水はお肌に浸潤 しにくい物質です。

お風呂に入った時を想像するとわかりやすいです。

何十分入っても身体中のお肌から水が浸潤 していくことは無いですよね。

因みに乳液も主な成分は水のため、その保湿効能には懐疑的になる必要があります。

じゃあどうすればいいの?

結論から言うとオイルを塗ればお肌は保湿できます。

一般的に化粧水→(美容液)→乳液と使う順番が決まっているのは、お肌に浸潤 した水分を乳液で蓋をして閉じ込めるという風に認知されていると思います。

これは水(化粧水)と油(乳液)が混ざらないから科学的に正しいようにみえる理論です。

しかし、そもそも化粧水を塗っている間に手や顔の上で蒸発をしていっています。

浸潤 しないものを乗っけて蒸発させているだけなのです。

これに乳液を乗っけても、元々のお肌に蓋をしているのと変わりません。

たまに高級な乳液を使用して、お肌が潤うようになったという人がいますが、これは乳液に含まれる油分が高かっただけだと思います。

なので洗顔後はすぐにオイルを塗ることで十分です。

(やりたい方は手間とお金を無駄にかけてやり続けてください笑)

何を塗れば?

おすすめはココナッツオイルです!

お肌に合わなければ料理に使えるので。

※不純物の少ないエクストラバージンのものを選んでください。

でないと吹き出物の原因になる場合があります。

筆者がいつも使っているのはこちらです(コスパいいです)↓

ココナッツオイルは皮脂の成分に似ていて馴染みやすく、またSPFも5程度はあるという長所があるのですが、汗などで落ちやすいという欠点もあります。

その場合はワセリンを使用することをおすすめします。