高級化粧品ほぼ意味ない!科学的に正しいスキンケアとは

高級化粧品ほぼ意味ない!科学的に正しいスキンケアについて知りたくありませんか?

この記事では、!科学的に正しいスキンケアについて紹介しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • 科学的に正しいスキンケア
  • 化粧水は?
  • どんなものを選べばいいの?

スキンケアに関してはよく質問もいただきますが、あまり良い答えをお返し出来ていません。

なぜかというと、実際に効果のあるスキンケアはごく少数だからです。

ほとんどの高級化粧品は効果が無いとは言いませんが意味がないです。

それはお金をかけている場所が違うからです。

色々と有名な化粧品メーカーさんがありますが、それらの商品は結構良い値段がします。

なぜ高級のかというと、まずパッケージが豪華すぎます。

ケースも豪華すぎてケースの方が中身より多いということも普通にあります。

さらには有名な女優さんを使って広告も大々的に打っているのでその広告費や立派なケースやパッケージ代が商品にのっています。

アメリカ皮ふ科学会(AAD)という世界で最も大きい皮ふに関する学会があり、普段は普通の学会と同様に研究などを行なっていますが時折一般向けのレターのようなものを出してくれます。

これにより実際に科学的に正しいスキンケアとはどんなものなのかを解説してくれています。

科学的に正しいスキンケア

実際に大事なスキンケアは?

結論、日焼け止めと保湿剤のみです!それ以外は要らないということです。

皮ふ科医が認める有効なアンチエイジング効果(皮ふを若々しく保ってくれる)のある商品は日焼け止めと保湿剤だけです。

このふたつを毎日使っているだけでも、もともと人間の皮ふにはターンオーバーがあり入れ替わっていくものなので充分な効果があるとされています。

何もしないと老化していくというよりは、むしろ、余計なことはしないで人間の皮ふのそのもともとの性質を助けてあげるような事をしてあげるだけで充分です。

外に出ると陽にあたりますから、その時に皮ふがダメージを受けてしまいます。

その外からのダメージをまず防ぐためにまず日焼け止めを使いましょう。

そして、乾燥を防ぐために保湿剤を使いましょう。

保湿剤といっても高級クリームを塗る必要はなく要するに油で皮ふの上に膜をつくってあげましょうという事です。

このふたつだけです。

そうはいっても、私は○○のクリームが効いたと年代問わず多くの女性が言っていますが、そのクリームに保湿剤が入っているから効いているだけです。

保湿剤や油がお肌の上に膜をつくって乾燥を防いでくれているので効いているだけでほとんどの物質はお肌の中には入っていきません。

僕はココナッツオイルが好きで使っていますが、オイルをつけたりするとお肌に合わないという人がいます。

天然の物質なので合わない場合もあると思いますが、その場合は種類を変えるとか、いっその事ワセリンにするというのがいいと思います。

保湿剤として有効なのはココナッツオイルをはじめとする様々な天然のオイルです。

僕は食べることができる食品グレードのものを使います。

ココナッツオイルは髪の毛にも使えますし、僕は顔も体も全部ココナッツオイルです。

もし水にあたるとか運動をして汗をかくという場合は、ココナッツオイルは利点でもあり欠点でもありますが、簡単に流れてしまいますのでワセリンを使う方がいいです。

僕は両方を使い分けています。

ですから、お肌トラブルを解決したいのであれば、日焼け止めと保湿剤だけを3?4週間程度使ってみて様子を見てから考えた方がいいです。

高級化粧品は良い香りがしますし、ブランド物や効果な化粧水を使っている自己満足を得たいからその対価を払うというのであれば別に結構ですが、スキンケアとして効果を得たいのであればそんなにお金も手間もかける必要はないのでお勧めします。

特に男性の方であれば色々塗ったりするのは余計に面倒かと思いますのでお勧めします。

化粧水は?

化粧水も要りません。

別の研究ですが、

  • 化粧水だけ塗ったグループ
  • クリームだけ塗ったグループ
  • 化粧水・クリームの順で塗ったグループ
  • クリーム・化粧水と普通の逆の順に塗ったグループ

でお肌質を比較するという実験が行われています。

その結果、化粧水だけ塗ったグループは1?2時間で蒸発しますから全く意味がありませんでしたが、それ以外のグループは全く効果が変わりませんでした。

つまり、クリームを塗りさえすればその効果は変わらないということです。

ちなみに、毛穴が開くという人がいますが、毛穴は開閉しません。

スチームとかで毛穴が開いて汚れが・・・とか、毛穴がしまった感じが・・・という人がいますが、毛穴は物理的に開閉しないものですからあり得ません。

どんなものを選べばいいの?

日焼け止めはどんなものを選べば良いのかというと、広域スペクトラム(多くの波長を吸収してくれる)という機能がついているものでSPFは30以上です。

よくSPFは50以上の方が強力といいますが、日焼け止めは徐々に落ちるものですからどちらにしてもこまめに塗り直す必要がありますので、30でも特に問題はありません。

更には、汗で落ちるのを防ぐために防水仕様の方がいいです。

そして、持ち歩けるものを買って外にいるときには2時間おきに塗った方がいいです。

お肌のトラブルに対して、皆さんがやりがちなことがあります。

ついつい色々なことを同時にしてしまいます。

化粧水を変えてみて、乳液変えてみて、クリームを変えてみて・・・と色々してしまいますが、(ご紹介したように日焼け止めと保湿剤は日常的に使って欲しいですが)お肌のトラブルでは、美白にはハイドロキノンとかシワにはレチノールというように一つ一つのトラブルに対して対応するものは違ってきます。

これだけしておけば大丈夫というようなものはありません。

美白も・・・シワも・・・と色々使っているとどれがどう効果があったのかもわからなくなってしまいます。

トラブルに対しては欲張らずにひとつずつ解決しましょう。

ココナッツオイルが合わないという人もいると思います。

ひとつづずつ試すことも大事です。

人間のお肌には色々なタイプがありますので自分に合うものを探して行くのが大事ですが、基本的には日焼け止めと保湿剤で機能的に大枠は変わりません。

男性の方も面倒だという人も多いでしょうが、10年後20年後に若々しくいたいのであれば保湿だけでもした方が絶対にいいです。

そして、スキンケア商品で全て解決すると考えている人がいますがそれだけではダメです。

日焼け止めと保湿剤を使って自分の体のターンオーバーの力を高めると同時に、できるだけタンパク質は摂って野菜もしっかり食べて睡眠の質と時間も確保して・・・というように自分の内側から良くしていくことが大事です。

これだけで劇的に効果が出るなんてものはありません。

スキンケア商品に対してあり得ない効果を期待するのではなく、最低限日焼け止めと保湿剤を使って、あとは生活習慣を見直していくべきです。

値段と効果は比例しない

アメリカ皮ふ科学会も値段が高級から効果が大きいというわけではないと言っています。

ついつい値段が高級ものほど効果がありそうと思いがちですが怪しいという事です。

そして、お肌の綺麗な人が使っているから効果ありそうと考える人もいますが、その判断は前後を見なくてはいけません。

お肌質は結構遺伝子で決まりますから、実際に何もしていないのに今は綺麗という人もいれば、一生懸命色々してもなかなか効果が出ない人もいるものです。

日焼け止めと保湿剤は皆んなに効果があるでしょうが、あの人と同じものを使えば同じようなお肌になれるなんて事はありませんので、そんな広告に騙されないようにしてください。

ぜひ、参考にしてみてください。

POLA(ポーラ)のスキンケアベスト商品はコチラ↓↓
POLA(ポーラ)のスキンケアベストデパコススキンケア!乾燥・脂性・敏感肌さんの肌質改善ブランド