お金に対する病的な不安感!もしかして貧困妄想とはうつ病


お金に対する病的な不安感って知りたくありませんか?

この記事では、お金に対する病的な不安感について解説しています。

もしかして貧困妄想とはうつ病であることを紹介しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • お金に対する病的な不安感……もしかして貧困妄想?
  • 貧困妄想とは……うつ病の三大妄想のひとつ
  • 貧困妄想による心理的な悪影響
  • お金の不安が強すぎるときの注意点……貧困妄想から抜けだすために
  • まずは心の健康を回復させ、多角的な視点を取り戻す

お金の不安が強すぎて、冷静な判断ができなくなっていませんか? うつ病の三大妄想のひとつに「貧困妄想」があります。不安に駆られて「自己破産」「ローン破綻」などの検索がやめられず、不安をさらに強めてしまうケースも。貧困妄想の心理の特徴、抜け出し方を解説します。

お金に対する病的な不安感……もしかして貧困妄想?

貯金しても将来のお金のことが不安がたまらない……もしかして貧困妄想?

普通に生活していける経済状況でも、お金に対して病的な不安に駆られてしまう心の問題があります。「お金がない。どうしよう」「このままでは生活が立ちゆかなくなる。破産してしまう」「この先、収入がなくなるかもしれない」というように、極端に「お金がない」「お金がなくなる」という思いにとらわれてしまうことを「貧困妄想」と呼びます。

生活に困らないだけの貯金や収入がある人でも、貧困妄想にとらわれてしまうことがあるのはなぜでしょうか? 心理的な対処法を含めて詳しく解説します。

 貧困妄想とは……うつ病の三大妄想のひとつ

貧困妄想は、「罪業妄想」(「私は罪深い」「すべて私が悪い」といったとらわれ)や「心気妄想」(「重大な病気にかかっている」という思い込み)と並ぶ、「うつ病の三大妄想」と呼ばれる強い思い込みのひとつ。客観的に見ればそう考えるほどの状態ではないのに、本人は「非常に深刻な状態だ」と思い込んでしまう思考のとらわれです。

ストレスの蓄積やショッキングな出来事などが影響して抑うつ的な状態になると、認知にゆがみが生じ、一定の深刻な方向に思考がとらわれてしまうことがあります。そのひとつが「貧困妄想」なのです。

もちろん健康な人でも、お金のことが心配になることは多々あります。しかし、人に相談してみたり、さまざまな角度から情報を集めたり、適度に気分転換を挟んだりすることによって、不安を解消することができます。そして、「ここに援助を求めてみよう。何か打開策があるかもしれない」「気にしすぎていただけかもしれない。しかし、お金は大事だから使い方を改めよう」というように、現実的な方向に考え直すことができます。貧困妄想の場合は、そのような不安の解消が難しくなります。

貧困妄想による心理的な悪影響

貧困妄想にとらわれると、思考の柔軟性がなくなり、どんどん深刻な方向に考え込んで、冷静さを失ってしまうことがあります。たとえば、貯金通帳を眺めては「このお金はあっという間に底をつく」などと考えてはため息をつき、「すぐにでも家を売った方いいのでは」「子どもの学校をやめさせなくては」などと極端な思考になってしまうのです。

「これだけ貯金があれば大丈夫よ」「そんなに心配なら、何か仕事を探してみては?」などと助言されても、「お金がない」「お金がなくなる」という一定の方向しか考えられなくなってしまうのです。

お金の不安が強すぎるときの注意点……貧困妄想から抜けだすために

もし、お金のことが心配でたまらなくなってしまったときには、まず「この心配は貧困妄想から生じているものかもしれない」と、気づくことが大切です。抑うつによって貧困妄想が強くなっている場合には、精神科を受診して適切な治療を受けることにより、とらわれから楽になる可能性が高まります。そして、治療によって気分が回復してくると、冷静さを取り戻し、現実的に物事を考えられるようになっていくでしょう。

そして最も大切なことは、「貧困妄想にとらわれたままで結論を急がない」ということです。抑うつは、一時的に人間の認知のゆがめてしまいます。そのため、お金に関する不安が強すぎるときは「重大な決断は先延ばしにする」ということが鉄則なのです。

たとえば、「やはり家を売るしかない!」「子どもの学校をやめさせるしかない!」といった焦りから、早急に売却や引っ越し、退学の話を進めたりしないようにしましょう。実績のあるファイナンシャル・プランナーなど、お金の専門家に相談することによって、現実的な解決方法が見つかるかもしれません。しっかりとした金融機関や学校に相談すれば、ローンの返済方法の見直し、奨学金の利用などの方法の提案も受けられるでしょう。

ただしこうした相談も、できるかぎり家族やパートナーと共に、あるいは信頼できる誰かに付き添ってもらいながら受けることが望ましいです。抑うつ的な状態に置かれていると、事実を多角的な方向から検討することが難しくなることが多いためです。

もう一つ気をつけなければいけないのが、「お金にまつわる深刻な情報ばかり集めないようにする」ということです。スマホやパソコンを見ていると、そうした情報を繰り返し検索し、絶望的な気分に陥ってしまうことが少なくありません。家の中で、一人でお金のことばかりを考えていると、たとえば「自己破産」や「ローン破綻」といったキーワード検索がやめられなくなり、貧困妄想を強くしている方が少なくありません。

したがって、一人でいるときには、できるだけスマホやパソコンから離れるようにすること。そして、人と話をしたり、外に出て散歩をするなどして、気持ちを楽にすることが必要です。

まずは心の健康を回復させ、多角的な視点を取り戻す

繰り返しますが、貧困妄想の渦中にあるときには、「お金がない」「お金がなくなる」という一定の方向しか考えられなくなっています。しかし、それは一時的に心の健康が失われることによって、極端に一定の認知にとらわれているせいであり、心の健康が回復していけば、多様な方向からお金のことを考えられるようになります。

したがって、まずは自分自身の心を労り、疲れを取り除いてあげることが大切です。そのためにも、ぐっすりと眠れる状態、おいしく食事をとれる状態になることを目指すことから始めていきましょう。