妊娠中のダイエットは赤ちゃんに影響ある?体重増加をゆるやかにするコツ6とは


妊娠中のダイエットは赤ちゃんに影響って知りたくはありませんか?

この記事では、妊娠中のダイエットは赤ちゃんに影響について解説しています。

妊娠中の体重増加をゆるやかにするコツ6について紹介しています。

この記事の内容は次の通りです。

  • 体重を減らすダイエットは×。ゆるやかな体重増加に。
  • 体重増加をゆるやかにするためのカロリーダウンテク6

妊娠中、ふつう体形・やせぎみ体形さんは2 週間で1 ㎏以上、ぽっちゃり体形さんは2 週間で600g以上の増加は要注意。妊娠中は血液量と血液中の水分量が増え、血液を循環させる心臓や、ろ過する腎臓に負担がかかっている状態です。 そこに急激な体重増加が加わると、さらに負荷が。心臓や腎臓が対処しきれなくなり、血圧の上昇や、むくみが出るなどのトラブルが起こりやすくなります。急激に体重が増加した場合は、下記のテクを試してみて! 【マンガ】つわり後の暴飲暴食で15kg増量!?

体重を減らすダイエットは×。ゆるやかな体重増加に。

急激に体重が増えてしまった場合、妊娠中は食事を抜いたり、体重を減らすようなダイエットをしたりするのはNG。でも、これ以上増やさないために、体重増加がゆるやかになるように、食生活を見直す必要があります。 糖分や油分の多い高カロリーな食品は避け、栄養バランスのいい食事をとるように心がけて。規則正しく3 食をとり、夕食は遅い時間にならないようにする、量を決めてゆっくりかんで食べるなど、太りにくい食べ方を意識するといいでしょう。

体重増加をゆるやかにするためのカロリーダウンテク6

1、肉は脂の少ないものをチョイス 肉はできるだけ脂の少ないものを。豚肉や牛肉だったら、1もも肉 2ロース肉 3ばら肉の順番が◎。鶏肉だったら、むね肉、ささ身、皮を取り除いたもも肉を選んで。 2、食べごたえのある根菜を取り入れる 早食いやドカ食いを防ぐために、食材も工夫を。根菜などを大きめに切ると自然とかむ回数が増え、満腹感が得られます。食物繊維が豊富なので、便秘対策にも◎。 3、油を使わない調理法にする 油は使わず、フライパンに具材と少量の水を入れてふたをして焼く「蒸し焼き」、ホイルに包んでオーブントースターで焼く「ホイル焼き」がおすすめ。 4、野菜たっぷりのスープを取り入れて クリームスープやシチューは高カロリーなので、コンソメなどのあっさり味のスープが◎。食事の最初に食べると、空腹を落ち着かせてドカ食いを防ぐ効果も。 5、生野菜サラダで見た目のボリュームをアップ たくさん食べてもカロリーが少ない生野菜サラダもおすすめ。たっぷり盛ると、食事がボリュームアップした印象に。ドレッシングやマヨネーズはかけすぎないで。 6、食べるときは1 回ずつ箸を置く 早食いは太る原因に。よくかんでゆっくり食べるためにも、1 回ずつ箸を置く習慣をつけて。箸置きを用意して、食べるごとに箸を置くようにするのがおすすめ。 監修/幾石尚美先生(厚生中央病院産婦人科部長) 文/たまごクラブ編集部) 参考/「たまごクラブ」2020年4月号「もう”妊婦”を言い訳にしない!妊娠時期別「体重増えすぎ」&「ボディラインの崩れ」悩み解決Q&A」 いかがでしたか?  妊娠をして、食生活が変わったことで、体重が急に増えてしまった!という人も多いはず。でも、今回紹介したカロリーダウンテクを試して、食生活を見直してみて!